酵素の種類と働き

酵素の種類と働き

 

酵素とは体内で生成されている成分ですが、加齢とともに減っていきます。
ですから、不足した酵素は食材に含まれている酵素で補充しなければなりません。
体内で生成される酵素には、「代謝酵素」と「消化酵素」の二つに分けられます。
食材に含まれている酵素を「食物酵素」を言います。
酵素は生命の源と言われる事が有り、それぞれ異なった特徴をもっています。
酵素は健康で健全な生活を過ごすために必要不可欠な成分で、私たち人間の呼吸や腕など体を動かすすべての動作に酵素が関係しています。
健康的に過ごすには酵素をしっかりと摂り入れることが大切なのです。

 

「代謝酵素」・・・新陳代謝の活性化や免疫力の向上、栄養をエネルギーに変換する等、いろんな働きをします。
酵素は基質特異性と呼ばれる性質があり、一つの酵素に対して一つの働きがあるのです。
代謝酵素には数千種類存在しており、私たちの生命維持活動を行ううえですべて必要不可欠です。

 

「消化酵素」・・・食べ物を消化するときに働く酵素で、動物性タンパク質を摂取すると消化酵素は多量に消費します。
そのため、できるだけ食物酵素を多く摂り入れ、消化酵素の負担を減らしましょう。
また、暴飲暴食でも消化酵素は極端に減少しますので普段の食生活に気をつけてください。

 

「食物酵素」・・・酵素は熱に弱い性質をもっていますので、「生」で食べる必要があります。
消化酵素と同様の働きをします。
くだものや生野菜、きのこ類、海藻類に豊富に含まれています。
代謝酵素や消化酵素の負担を軽減することが大切ですから、できるだけ多くの食物酵素を摂り入れるように心がけることが大切です。