酵素について

酵素とは

 

私たちの人間の体には多くの酵素が存在しており、成長や活動、組織の働きなど生きていく上で大変重要な役割を担っています。
それでは、酵素とはどういうものなのでしょうか?
酵素とは腸内で食べ物を消化したり分解したりする働きを持っている物質で体内での反応を触媒するたんぱく質のことを言います。
食べ物が体の中に入ると、アミラーゼという酵素が消化を助け栄養素を吸収しますが、これを消化酵素と呼びます。

 

また、呼吸や運動、細胞分裂、怪我を治癒する酵素を代謝酵素と言い新陳代謝を司っています。
酵素には大きく分けると消化酵素と代謝酵素の二つが挙げられます。
私たちの体の中にある酵素は使っているうちに減っていきますので、使い続けていくと病気になったり生命に関わったりします。
体内に酵素が多ければ健康でいられますが、酵素が減少してくると食べ物の消化や吸収が悪くなりそのまま血液に流れ込んでしまいます。
そうすると、消化がしっかりできていない状態の物質が沈殿し血液がどろどろになって血行不良が起こります。
血行不良は、腰痛や頭痛、肩こり、冷え性、イライラなどの症状を引き起こし、酵素は健康に欠かせない存在なのです。
ですから、人間が生きていく上で酵素が大変重要な役割を担っているかがわかっていただけたのではないでしょうか。
健康をキープしていくためにも、酵素を常に補給することが大切なことなのです。